本文へ移動

骨盤ケアクラス

骨盤の形

◎妊娠中の骨盤は、背骨・子宮を支える土台であり、お産の時には赤ちゃんが通る産道になります。
 妊娠初期から分泌されるホルモンにより、骨盤を支える靭帯がゆるむことで、赤ちゃんが通りやすく
 なります。

骨盤と胎児の回旋

ゆるむということは、ゆがみやすく、妊娠中の腰痛や関節痛などのマイナートラブルを引き起こしやすくなります。
子宮の中で育つ赤ちゃんの姿勢にも、影響を与える可能性もあるのです。

骨盤ケアの大切さ

 産前、産後のマイナートラブルを回避し、快適な妊娠生活を過ごしていただけるよう、また、ふわふわの
 まあるい子宮で赤ちゃんが育っていけるよう、骨盤ケアクラスの参加、セルフケアをおすすめしています。
 
 妊娠による体の変化を知り、赤ちゃんの育つ体内環境とご自分の体を骨盤ケアで整え、出産に臨みましょう。
 
 骨盤ケアクラスは、当クリニックで分娩予定の方、里帰り出産でも当クリニックで妊婦健診を受けている方を
 対象としています。
 
 
< 骨盤ケアクラス >
 
    ・・・『毎週金曜日の午前・午後』 と 『第1・3土曜日の午前』に行っております。
 
< 骨盤外来 >
 
    ・・・マイナートラブルのある方やご自分の体に合ったケアをご希望の方は、『骨盤外来』を
       お勧めしています。(有料)
       毎週火曜日の午後、 第2・4土曜日の午前  1人に1時間、ワンツーマンで行います。
       ご希望の方は、スタッフまでお申し出ください。   
 

骨盤ケアクラスの様子

TOPへ戻る